« 表情には関心がない、というか優先性は低い『ションベンライダー』 | トップページ | 役者の存在そのものが物語の大半を説明する『反逆のメロディー』 »

2013年1月20日 (日)

役者たちが歌う中の「謎のままの歌」の存在『雪の断章 情熱』

『雪の断章 情熱』於ユーロスペース(「甦る相米慎二」特集上映にて)

念願の作品再見。ロードショーと毎日文化ホールで多分見ているので、最低でも、3度目のスクリーン鑑賞だが、20数年ぶりなのは確か。

冒頭の複数シーンワンカットは、記憶していたのと、少し違った。そして、これはやはり、予習なしで見れば、意味わからないだろうなぁ、すごいなぁ。

『ションベンライダー』と違い、明らかに大アイドル映画なので、ヒロインのアップでの長いカットも相当あり、遠景のワンシーンワンカットばかりなわけではない。とはいえ、やはり多いのだが。そのため、わかりにくいことはある。

オーバーアクションを通常の演技より要求することになり、そのきっかけとして、口ずさむ歌があり、それに呼応して、ドラマとは直接関係しない既成曲の引用がおびただしくある。

トークショーでの榎戸監督談では、使用されている「楽曲」で、出典不明の曲もあるという。『雪の断章』にも登場する。ひょっとして、ソフト化困難な要因のひとつはこの件じゃないか、と思う。「オレの創作」と監督が言っていればいいものを、そこをはぐらかしたまま、本人に確かめえない状態になってしまっているため、「他者に権利保有」あるかもしれない曲?に触れることができない・・・。

しかし、今では、監督がいきなりレコードをもってきていて、それをかけて同録したものを採用、なんてワザは、不可能ではないだろうが、巨匠中の巨匠でもないと無理だろうなぁ、とも思い、そういう意味でも、自由な時代ではあるな、と思う。

|

« 表情には関心がない、というか優先性は低い『ションベンライダー』 | トップページ | 役者の存在そのものが物語の大半を説明する『反逆のメロディー』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/56587979

この記事へのトラックバック一覧です: 役者たちが歌う中の「謎のままの歌」の存在『雪の断章 情熱』:

« 表情には関心がない、というか優先性は低い『ションベンライダー』 | トップページ | 役者の存在そのものが物語の大半を説明する『反逆のメロディー』 »