« サレス&サンタオラーヤあたりで、劇映画化してアカデミー賞狙ってほしい 『100人の子供たちが列車を待っている』 | トップページ | 中庸的演技の説得力『夜の大捜査線』 »

2013年3月10日 (日)

変態音楽をもっとも効果的に印象付けるクレジットのワザ 『フレンチ・コネクション』

『フレンチ・コネクション』於・早稲田松竹
刑事アクションではあるが、それは、あくまで、走る、といった動作を中心とした、広い意味での「アクション」である。決して、格闘技的なシーンの比重をさすものでは全くなく、その意味での闘い的なシーンはほとんどない。そして、セリフも断片的なものがあるだけで、映される事象についての説明もほとんどされることなく、ドラマは進んでいく。「アクション俳優」というのは、まさしく「動きで演技する」才能のことを言うのだな、と実感する。
ドン・エリスの変態ジャズは、ラストに向って、ポパイがより狂気じみてくるのに呼応して、変態度を増して行き、その変態度が頂点に達したと思われる時に映画はエンドタイトルに入り、エンドタイトルの冒頭を飾るのが、音楽ドン・エリスの名前(メインタイトルのクレジットでは、音楽のクレジットは出ない)。音楽の比重は、前半ではほとんどなく、終盤に向って、一気に出番が増える。メインタイトルでコンポーザー表示があっても、確かに印象は残らないかもしれない。

|

« サレス&サンタオラーヤあたりで、劇映画化してアカデミー賞狙ってほしい 『100人の子供たちが列車を待っている』 | トップページ | 中庸的演技の説得力『夜の大捜査線』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/56930252

この記事へのトラックバック一覧です: 変態音楽をもっとも効果的に印象付けるクレジットのワザ 『フレンチ・コネクション』:

« サレス&サンタオラーヤあたりで、劇映画化してアカデミー賞狙ってほしい 『100人の子供たちが列車を待っている』 | トップページ | 中庸的演技の説得力『夜の大捜査線』 »