« ドラマ、よりもここちよく力強く魅力的な日常『グッバイ・ファーストラブ』 | トップページ | 停滞するテーマ『球形の荒野』 »

2013年3月31日 (日)

心地よい喜劇的時間の流れ『銀座化粧』

『銀座化粧』(映画でよみがえる昭和 銀幕の銀座 懐かしの風景とスターたち)
於・銀座シネパトス
  
まだまだ自分には、見慣れていない時代の作品であるから、物語というよりも、そのテンポであるとか雰囲気を楽しむことにする。
あまりにも貴重な、銀座という街の風景の数々に、役者たちのちょっとした仕草や言い回しの中に含まれる喜劇らしさは、もうミリ単位の正確な職人芸を見るようで、いちいちみほれる。たとえば、タバコを薦められ、うっかり手を伸ばしかけてすぐにやめる仕草のような箇所に。簡単ながら、意味を濃縮したセリフがナチュラルに語られる間に、瞬間瞬間挿入される街の風景。ただし、この恐ろしいほどにナチュラルに流れる物語には、おそらく、気の遠くなるほどの取り直し、リハーサルがあることよなあ、なんて、心地よさの影にあるものも感じずにいられない。
成瀬の「間」であるとか田中絹代の「間」とか、そして、それはたとえば川島雄三の「間」とどう違うか、なんてことも思い、先ごろから思う、映画の時代による「間」の推移を感じたりもする。

|

« ドラマ、よりもここちよく力強く魅力的な日常『グッバイ・ファーストラブ』 | トップページ | 停滞するテーマ『球形の荒野』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/57077110

この記事へのトラックバック一覧です: 心地よい喜劇的時間の流れ『銀座化粧』:

« ドラマ、よりもここちよく力強く魅力的な日常『グッバイ・ファーストラブ』 | トップページ | 停滞するテーマ『球形の荒野』 »