« あるゲームスコアの記録のように見える『カレ・ブラン』 | トップページ | 衝動的な映画全体論『ホーリー・モーターズ』 »

2013年4月 9日 (火)

続編を見たいと思うのは○か×か『暗闇から手をのばせ』

『暗闇から手をのばせ』於・ユーロスペース
 
おもわせぶりなタイトルや、ポスター・ヴィジュアルで身構えるのだが、映画が始まり、ヒロインの歩く姿を映す時間が、ある一定以上の長さであることを感じ取ったあたりから、この映画の見方を変えたほうがいい心持を自覚する。
物語に登場するのは、ナチュラルに自分の心を開かない人たち。ヒロインもそうである。そして、それは、最後の最後でも、決して開いているわけではない。ある言葉を口に出した後のしまった感がリアルである。
登場人物たちは、ナチュラルにこばみ、抵抗し、遠ざかろうとする。
ひょっとしたら、もっともフラットに、この中の事件とおりあいをつけているのは「店長」である。物語は、何組かの「男性客」対「デリヘル嬢」の心のやりとりを見せるのだが、「男性客」たちのその存在が、ひとつのカテゴライズされていることが不思議に思えてきて、単に「自分の弱さを意識した者同士の対話」なのではないのか、と思う。
気になったシーンというか展開は、ヒロインがやや心を通わせることになる少年の家に出向いて、ある行動に出るシーンだが、その行動に出るに至る心の動きが感じ取れる部分は映されない。この心の動きは、見るもののイメージにゆだねられている。ここは、激しい動きであろうから、見せない、というところに、品のよさを感じてしまう。そのシーンと、店長が町を眺めながら概論的グチを語るシーン。このふたつにおそらく、テーマを凝縮したものがある。このぐらいの具体的説明はいいと思う。他には、おそらくドキュメンタリーの取材で得られた現状のエッセンスが、登場人物たちのセリフや行動の詳細にまとめられている。彼らのひとりひとりの行動は、何気ない日常が少しだけ破られる瞬間なわけだが、そこで、ものすごい量の、彼らのメッセージが託されている気がする。 
転校生の音楽の使用は、広い観客の理解への大きな助力となっていると思う。この「商業映画的わかりやすさ」は、観客を制限しないスタンスとして、学ぶべきものがある。
 
この問題は、存在することは否定されなければならないゆえ、ヒロインはメタファー的意味合いでは、継続することを願ってはいけないのだろうが、この「沙織」と「店長」と「むきあわざるをえない問題」の物語は、この物語をパイロット版として、シリーズとして見たいような錯覚を感じる。
 
パンフレットは、監督のイントロダクションでこの映画の誕生の経緯が説明され、ヒロイン小泉麻耶と監督の対談が、それを補完するが、問題意識への心配りと、「映画」であるための技法へのこだわりのバランスの取られかたが伝わってきて興味深い。ダルデンヌへの意識は、なるほど以外の何ものでもない。そしてDJキングジョー氏が、グラビアアイドルとしての小泉麻耶を熱い原稿で応援し、主要キャストの詳しいプロフィール。以上のコンパクトな内容だが、すみずみまでが解説されたムダの全くない濃い理想的パンフレットだ。

|

« あるゲームスコアの記録のように見える『カレ・ブラン』 | トップページ | 衝動的な映画全体論『ホーリー・モーターズ』 »

コメント

絶対に続編が見たいです
もう少し掘り下げてそして時間ももう少し長ければうれしいです

戸田幸宏監督、よろしくお願いいたします

投稿: MAPPY@STAGE | 2013年4月11日 (木) 02時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/57140502

この記事へのトラックバック一覧です: 続編を見たいと思うのは○か×か『暗闇から手をのばせ』:

« あるゲームスコアの記録のように見える『カレ・ブラン』 | トップページ | 衝動的な映画全体論『ホーリー・モーターズ』 »