« 続編を見たいと思うのは○か×か『暗闇から手をのばせ』 | トップページ | 模範的超オールスター女囚物語。「刺される原節子」はレアか『女囚と共に』 »

2013年4月14日 (日)

衝動的な映画全体論『ホーリー・モーターズ』

『ホーリー・モーターズ』於・ユーロスペース
 
3キャラクター目あたりから、感じ取ることができたが、これは、「擬人化された<映画>と男の一日に喩えられた<映画史>」ですね。映画的なキャラクター、シーンが次々となぞらえられていき、そんな「男」「女」がたくさんいることがわかる。もちろん、「映画シーン」はいくつもある。そこで、描かれる事柄も沢山ある。運転手は、プロデューサーか。
とすると、今までのカラックス作品よりも、かなりポップで明解な作品だったように思えてくる。ラストのあのシーンがあることで、ポップを通り越して、かわいらしく見えてきてしまうし。
その「映画史」をデジタルで撮っているわけなので、フィルムに向けての葬儀的意味合いもあるきがするが、墓に備えられた花を食い漁る行為は、映画少年にとっては、ストレートな感情表現かもしれない。
最後に「帰る」「家」は、現代の「映画」への乾いた諦観といったところだろうか。
とすると「ホーリー・モーターズ」は「世界の映画シーン」の具現化だ。
 
パンフレット。ストーリーが具体化したものではないので、シーン毎の説明になっている。コラムは門間雄介氏が、カラックスの過去作から本作のヒントを探ろうとする、ミュージシャン・曽我部恵一氏は詩のように、印象を書く。続く西嶋憲生氏の解説が相当すごい分析で、クイズの答え合わせと化している。つづくケラリーノ・サンドロヴィッチ氏は、演技と絡めて考えをめぐらせる。最後に来日時のかなり詳細な、カラックスへのインタビュー。映画自体も抽象的で、質問も抽象的なので、映画を見る前に読むのも可能ではないか。
そして、静止画そのものも絵画そのものなカラックス映画は、一枚の場面写真ごとに、何かを感じさせられる。

|

« 続編を見たいと思うのは○か×か『暗闇から手をのばせ』 | トップページ | 模範的超オールスター女囚物語。「刺される原節子」はレアか『女囚と共に』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/57167401

この記事へのトラックバック一覧です: 衝動的な映画全体論『ホーリー・モーターズ』:

« 続編を見たいと思うのは○か×か『暗闇から手をのばせ』 | トップページ | 模範的超オールスター女囚物語。「刺される原節子」はレアか『女囚と共に』 »