« サウンドも遊んでほしかったかな『ハッシュパピー バスタブ島の少女』 | トップページ | シリアスドラマの中で繰り出される娯楽テク『骨までしゃぶる』 »

2013年5月 1日 (水)

ドラマではなく状況の幸福な空気を感じ取る『ペタルダンス』

『ペタルダンス』於・新宿武蔵野館
 
状況的には、『tokyo.sora』に似ているのだけれども、この映画の欲するところは違って、ある瞬間瞬間を見せたくて、見逃したくないために、その瞬間をとりまく状況をすべておさめた、そんな感じの映画である。
設定としての「ドラマ」はあるのだけれども、その「ドラマ」の上で、ひたすらたたずむ4人の女性たち。この女性たちがたたずんでいる間の、緻密な演技とも、即興ともとれる動きをおさめている。
このタイプの作品は、なんと言っても是枝監督の『ディスタンス』が自分の中では燦然と輝いている。あの映画のただならない空気とは、ちょっとちがって、やはり決して明るい空気の世界ではないとはいえ、希望を見出そう側の明るさが、『ペタルダンス』にはある。
まるで、大長編のラストシーンのみを独立させたみたいなこの作品は、だから、本当は、多くの物語の中で、このぐらいの理想さでもって描いてみてほしいものでもある。この時間の流れ方は、実際の「ドラマ」としては「リアル」であろうし、「何かがつかめたかどうかも分からない」結果も、リアルである。そして、そのリアルさは、例えば、自分にも、こんな感じの時間の感じ取り方をした記憶があったろうな、と思ったりもする。それは、男女問わず、人数問わず、海辺かどうかのロケーションも問わず。
石川監督の、特に『好きだ、』と『ペタルダンス』で気づいたのが、極力、画面の中で、色彩の強弱を作らないようにしようとしているな、ということで、冷ややかな建造物と、人工的なものがない浜辺の、そしてクルマの色も地味なこの感じは、全体を通しての「優しさ」なのだろうとは思う。余計な刺激を与えたくない、というような。
とすると、菅野よう子音楽は、ことのほか、カラフルなのであった。菅野よう子音楽にカラフルさを抑えろ、と要求すること自体に無理はあるのだろうけれども。
 
パンフレット。映画自体が詩みたいな映画なので、どの原稿も、それっぽくなってくる。まさに詩みたいな、冒頭の石川監督の文章が、もうかなり語っていて、結構、前知識的なものは存在せずとも、と思う作品に、近衛はな氏の原稿、相田冬二氏による監督インタビュー(演技論的に楽しめる)と、菅野よう子氏のインタビュー、と、感覚の作品でありながら、その感覚を細かく解説することも可能なのだな、と思わせる結果になっていて、それ自体が、ちょっとした文学を読んだような心持にもなる。

|

« サウンドも遊んでほしかったかな『ハッシュパピー バスタブ島の少女』 | トップページ | シリアスドラマの中で繰り出される娯楽テク『骨までしゃぶる』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/57289014

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマではなく状況の幸福な空気を感じ取る『ペタルダンス』:

« サウンドも遊んでほしかったかな『ハッシュパピー バスタブ島の少女』 | トップページ | シリアスドラマの中で繰り出される娯楽テク『骨までしゃぶる』 »