« 豊潤にみせつつも実はストイックなメッセージ『パパの木』 | トップページ | この物語がこのタイトルである意味 『リアル 完全なる首長竜の日』 »

2013年6月 2日 (日)

出ました逆さエンドクレジット『イノセント・ガーデン』

『イノセント・ガーデン』於・TOHOシネマ・シャンテ 
 
 映画は、冒頭でインパクトを見せて、そこから引き込ませようと、例えば極端な長回し(最近だと『プレイス・ビヨンド・ザ・バインズ/宿命』)で始めたりするけれども、この映画は、まず、タイトルで遊んできた。
 ものすごく後味の悪いバイオレンスにもなりかねない物語を、初期・森田芳光ばりの映像遊びで見せるため、ユーモアというか、無邪気さがそこでは漂ってくる。残酷なシーンも、目をそむけることはないのだが、ショットに工夫がされているので、生々しさは感じられない。ディテールの仕掛けは、本当に膨大で、それによって注意は逸らされ、謎の数を増大させる。
 それにしても、ナチュラルなシーンはひとつも作るまいとするテンションがとにかく圧倒的で、その圧倒さ加減が、物語の妖しさを凌駕している。ぶっちゃければ「遊びすぎ」と個人的には思うのだが、ストーリーがシンプルなため、例えばキャラクターのディテールを膨らませるという方向にしないのであれば、この決断は仕方ないかな、とも思う。
 では、キャラクターは膨らませないか、と問えば、おそらく、この物語の味わい方としては真っ当で、生々しいとだめなのである。それは、現実か空想か、そして、少しずつ時間軸をいじりながら進める見せ方も、リアルからとにかく遠ざかろうとする工夫がある。
 物語の設定が、(具体的には書かないが)『オールドボーイ』と呼応する、と思った。ただし、韓国映画としての猥雑なバイタリティいっぱいの中でのエネルギッシュさとは、客観的に熱量が違う。こっちの映画は、クール・ビューティじゃないといけない。
 ところで、実は思い切り「ギルティ・イン・ガーデン」じゃないか、ということですよね(ネタバレ的に)。 
 パンフレットは、監督・主要キャストのインタビューがメイン。コラムは高橋諭治氏(映画ライター)と山崎まどか氏(コラムニスト)の共に作品総論。マシュー・グードが語る「ベルイマンのようなところがある映画」が気にかかった。肝心のウエントワース・ミラーのインタビューがないじゃないか、とちょっと思いましたが、もともと覆面原稿だから仕方ないですか。

|

« 豊潤にみせつつも実はストイックなメッセージ『パパの木』 | トップページ | この物語がこのタイトルである意味 『リアル 完全なる首長竜の日』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/57505857

この記事へのトラックバック一覧です: 出ました逆さエンドクレジット『イノセント・ガーデン』:

« 豊潤にみせつつも実はストイックなメッセージ『パパの木』 | トップページ | この物語がこのタイトルである意味 『リアル 完全なる首長竜の日』 »