« 生々しさと清潔さの乖離『爆心 長崎の空』 | トップページ | 画面の中で身を隠したい主人公の肉体が蠢いている『ファンタズマ』 »

2013年7月28日 (日)

全年齢用大メジャー作品としての方向性『真夏の方程式』

『真夏の方程式』於・池袋サンシャインシネマ

 まず、この映画はジュブナイル的な構造を持っている。少年の話で始まって、少年の話で終わる。かつ、ひと夏の経験で終わらないシリアスさがあるのだが、その重さと引き換えに、ある意味ハッピーエンド的な理屈を引き出している。
 金田一耕助もののように、探偵役はいるけれども、主役は、その事件の重要なカギを握っているであろう家族の側にあり、彼らの人間ドラマが重きを持つ。また、後半の、過去の事項の整理の段階におけるムードが、もちろん、悲劇的事件はおきるわけだけれども、それまでの時間の描き方が、思い出したくない過去ではなく、懐かしい過去として描かれているように思われる(ここが『熱波』を思い出した理由)。
 とにかく、どメジャー映画というか、それまでのここ最近のフジテレビ映画のイメージ(すみません)での派手なカメラワークとすばやいカット割りからはほど遠く、一見して、アート映画風な作風に寄る訳ではないが、ほぼカメラは動かず、役者も激しいアクションはしない。というか、アクションに大きな理由を持たせることを極力さけている。
 これは、ある意味、全年齢に向けて、疲れさせずに物語を追うことを可能にするための心配りとも思える。つまり、どメジャー映画ゆえの作風であるべき作風である。別に、ロングシリーズを狙うとかいう意味ではなく、そうすると例えば、寅さん映画などのロングシリーズには、多くの観客に優しく心地よい見せ方の技術は、たっぷり詰まっているはずで、そういった作品も見直したいな、とあらためて思う。
 例えば『踊る大捜査線』や『私をスキーに連れてって』の頃は、最も多いであろうターゲットの年齢層(年齢で括ることに意味はない説ももちろんある)に支持される作り方でよかったが、今は、全年齢(やや高齢寄り)のための映画であることが理想であるべきなのかな。
 菅野祐悟音楽は、可能な限り、登場せず、せっかくのロケーションなので、その土地を満喫できる環境音のみになるべく編集する。そして、このライブ感が、スター感と演技力を共に備えたキャストたちの控えた演技が合って、見る側に快感を覚えさせる。
 その快感が重きだからだろうか、シリアスなドラマでありながら、夏のメジャー映画の鑑賞後の感覚の理想としての爽快感が残る。
 全年齢ターゲット的に、若い人主体にヒットしたドラマでも、それを大人向け演出で劇場版を作る、というのは、これからのファミリー用映画としても、アリだろうな、とも思う。構造的には『真夏の方程式』は十分ファミリー映画だろうと思うし。

 パンフレット。昔と違って、今の観客でパンフレットまでも買う層が求めるものとは、という考えがあるのだろうか、この映画が「役者ありき」というより「計算されたスタッフワークで緻密に作られた作品」であることを説明する。主要キャストのインタビューも、しっかり、作品の内容を補完する回答になっている。監督のインタビューで2ページを割き、プロデューサー、撮影監督のインタビューまでも載せる。そしてプロダクション・ノートに、福山×東野の対談。原作論として、ミステリー評論家の村上貴史氏が論じ、ここ最近のパンフレットの特徴としての、これまでのガリレオ・シリーズの系譜をものすごく詳細に掲載している。インタビュー、プロダクション・ノートなどは相田冬二氏による。
 パンフレットのあるべき姿の方向性としては、「面白かった」と思った観客が、「でも、面白かった、以上の表現が、友人に薦めたくても、うまく思いつかない」状態の時に、「どう面白かったか」を具体化させるヒントをいっぱい与える冊子、という考えがある。そこに忠実に、この映画の利点を詳細に自ら分析した冊子であろうと思う。

|

« 生々しさと清潔さの乖離『爆心 長崎の空』 | トップページ | 画面の中で身を隠したい主人公の肉体が蠢いている『ファンタズマ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/57876987

この記事へのトラックバック一覧です: 全年齢用大メジャー作品としての方向性『真夏の方程式』:

« 生々しさと清潔さの乖離『爆心 長崎の空』 | トップページ | 画面の中で身を隠したい主人公の肉体が蠢いている『ファンタズマ』 »