« 強固とした物語の上で舞うように編集された独白と映像の断片『トゥ・ザ・ワンダー』 | トップページ | プロローグ3ページのみの映画化、そんな異色かつ独特の世界『HOMESICK』 »

2013年8月29日 (木)

擬似youtube、考える暇のない当事者の切迫感、警官A的存在 『エンド・オブ・ウォッチ』

『エンド・オブ・ウォッチ』於・丸の内TOEI2(鑑賞8月24日)

  この映画も、いわば、今までの物語の語り口とは異なるところにある映画である。物語の整合性というよりも、当事者たちは、どう見えるのか、何だけがわかるのか、そういったことに忠実な物語である。
  フィクションは作り手はその後の運命を知っているばかりか、事件の全貌も知っているわけだから、不自然に知ってしまうタイミングなどをつい作ってしまいがちだが、この、まさにyoutubeのような映画は、自分たちが、実は、ヤバい犯罪のまっただ中を捜索してしまっているのだ、ということや、そういった日常のヤバいことが、愛すべき日常の愛すべき人たちとの瞬間の延長線上にあり、そこのメリハリなんて、自分たちにはわからない。
  情容赦ない、お仕事体験館の映像である。この、全くもっていい意味でのメリハリのなさは、観るものの感覚も麻痺させる。この麻痺の感覚も含めて、お仕事の擬似体験かも知れぬ。そして、この物語の特筆は、本当に本当に、おそらく「どこにでもいる平均的に正義感のある、普通の警官」であり、彼らの人間性や、人間関係にも、だからこそ彼らを追うドラマになった、というよう意味は、多分あえて、ないことである。この、無個性の警官A的主人公がいるからこそ、のめりこんで、観ることができてしまう。お仕事疑似体験の意味はここにもあって、「警官の一人であるかもしれない、自分もしくは自分の近しい人」を置き換えられる、ということでもある。
 この物語も、二部構成といえば、言えなくもない。が、前述の通り、主人公たちは、この物語は二部構成で、今、その後半に差し掛かったところだったんだぞ、なんてことは全くわかりもしないぐらい、本人たちには、全貌は見えないのだった。
 パンフレット。まず、ジェイク・ギレンホールのインタビューが、読み応えがあり、かつ、それ自体が気迫がこもっていて、感動的である。インタビューは、もうひとり、デイヴィッド・エアーのもので、このふたりのインタビューで、この作品が、娯楽的事件映画とは全く立ち居地が違うところにあることを理解させる。コラムは町山智浩氏が、この映画で描かれる現状の現実性について、そして川口敦子氏が、女性がこの映画を見るときの楽しみ方のような原稿。確かに、この映画は、見ればわかる、的に伝えたいことはしっかり見せて体験させるので、さらに詳しく知りたいところはどこか、を考えるのが難しい。
 そして、スタッフも技術面のメンツの経歴もカバー。音楽デイヴィッド・サーディについても、ちゃんとフォローしている。

|

« 強固とした物語の上で舞うように編集された独白と映像の断片『トゥ・ザ・ワンダー』 | トップページ | プロローグ3ページのみの映画化、そんな異色かつ独特の世界『HOMESICK』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/58089898

この記事へのトラックバック一覧です: 擬似youtube、考える暇のない当事者の切迫感、警官A的存在 『エンド・オブ・ウォッチ』:

« 強固とした物語の上で舞うように編集された独白と映像の断片『トゥ・ザ・ワンダー』 | トップページ | プロローグ3ページのみの映画化、そんな異色かつ独特の世界『HOMESICK』 »