« プロローグ3ページのみの映画化、そんな異色かつ独特の世界『HOMESICK』 | トップページ | 映画完成後の、現実の厳しい展開コミで。『南の島の大統領』 »

2013年9月 1日 (日)

観たい場面はカットしないこと。物語に関係なくとも。『オルエットの方へ』

『オルエットの方へ』
於・オーディトリウム渋谷(鑑賞8月24日)

 映画には、いろいろある、という視野を広げさせてくれる作品。長尺の作品と知りながら、本腰据えて、女の子三人のバカンスの日々を一日単位に、細やかな日記の如く、写して行くのだな、ということがわかった時点で、見方を変える。完全に、彼女たちと戯れる心持である。
 が、ここで、楽しく戯れていられないのが、女の子のうちのひとりを追っかけてやってきた上司の存在である。この、上司と女の子たちのぎこちないやり取りが、何とも心地よくなくて、逆にそれがリアルだったりする。早く理由つけて、去ってくれないかな、と、完全に感情移入して、見入ってしまっていたりする。これが不思議なのは、上司側に感情移入してもよいはずが、そうはならないのが、見る側の勝手である。しかし、優劣がはっきりしている場合、劣の方を応援したくなるのが常だと思うのだが、そうはならない。ただ単に、画面が女の子だけになってほしい、というどちらに感情移入、という視点ではない観客としてのエゴなのかな。
 ある夜の出来事から、ナチュラルなスケッチから大きく外れたドラマチックな展開となるが、そこで、少しずつドラマは進行しており、ゆるやかな起承転結を形成していたのだということを確認する。
 ラストの、それはそれでね、という長尺物語のオチとしてはかわいいシメも、この物語が長尺である意味を浮き立たせる。
 長尺の意味は、物語が転がる瞬間、というより、前半は、観たい場面をカットしない、そのことにつきていると思う。観たい場面、それは、女の子たちが見せる様々な仕草であり、光景とのコントラストであり、そういうことである。

|

« プロローグ3ページのみの映画化、そんな異色かつ独特の世界『HOMESICK』 | トップページ | 映画完成後の、現実の厳しい展開コミで。『南の島の大統領』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/58110818

この記事へのトラックバック一覧です: 観たい場面はカットしないこと。物語に関係なくとも。『オルエットの方へ』:

« プロローグ3ページのみの映画化、そんな異色かつ独特の世界『HOMESICK』 | トップページ | 映画完成後の、現実の厳しい展開コミで。『南の島の大統領』 »