« 細部に作品への愛が込められる『ムード・インディゴ』 | トップページ | 光が演出する空間(ドラマ)と、見知らぬ案内人『サンティアゴの扉』 »

2013年10月 6日 (日)

何を以って起承転結とするかによる『パッション』

『パッション』於・みゆき座

前半は、これは、今までのデ・パルマ・サスペンス・パターンと違う展開をするのか(策略合戦みたいな)と思ったが、そうにはならず、いつものデ・パルマ・パターンになっていく。
 何をもって「起承転結」とするのかは人それぞれだが、一見、起が異常に長い映画のようにも思えるし、見終わると、いつものデ・パルマとはわかるのだが、そのドラマ展開の配分の具合が、例えば『殺しのドレス』とは違うのだ、と思ったりする。
 あくまで、デ・パルマ・ワールドの住人としての、女性たちの心理を楽しむ作品であり、それがまた、架空だから許されるのだが、多分に「恐れ」を楽しんでいる、というのは、例えば、駐車場のシーンの異常なこだわりと、普通、そんなスコアにはしない美しいメロディを流させる。デ・パルマ映画の特徴のひとつは、ストーリーの核心に必ずしも、重要ではないが、絵的にぐぐっときそうなシチュエーションだと、異常に時間をとってねちっこくそのシーンを見せる、ということがある。
 まあ、そこをすでに監督流を知っていれば、ははーん、と思って付き合うわけだけれども、見慣れていない向きには、シーンの意味合いが謎めいたままで終わってしまうことになる。
 この映画は、結局、終盤に向って、得意技を駆使しすぎることによって、ある意味混沌としていくが、まあ、これは本気になって怒るものでもなく、苦笑してしまい、「まあ、デ・パルマじいさんときたら」と思うのみである。

 パンフ。これも、デ・パルマのインタビューにおおよその内容は、すべて語られている。コラムは大場正明氏の監督論、三留まゆみ氏と永野寿彦氏の対談。土台となった、アラン・コルノー作品について、もっと詳細がほしかった気もする。ピノ・ドナジオに関しては、デ・パルマのインタビューでも言及され、プロフィールもしっかり。すばらしい。

|

« 細部に作品への愛が込められる『ムード・インディゴ』 | トップページ | 光が演出する空間(ドラマ)と、見知らぬ案内人『サンティアゴの扉』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/58334311

この記事へのトラックバック一覧です: 何を以って起承転結とするかによる『パッション』:

« 細部に作品への愛が込められる『ムード・インディゴ』 | トップページ | 光が演出する空間(ドラマ)と、見知らぬ案内人『サンティアゴの扉』 »