« ケシシュドラマの転がし方の快楽を考える『クスクス粒の秘密』 | トップページ | アート映画のフォーマットでバイオレンスを語る『父の秘密』 »

2013年10月27日 (日)

ボイル映画が描く素材としては正統派と思う『トランス』

『トランス』於・シネマカリテ

 本来、先鋭的な作品なんだろうけれど、ダニー・ボイルのサイコ・サスペンスといえば、展開や手法も、ほほえましく見てしまう。そんな手法を使うとは、というストーリーを奇抜にユニークに見せてきたボイルだから、ようやく、ある意味王道?なジャンルを作ったな、という心持がしている。
 序盤の展開がすでに刺激的でありながら、ところがどっこい、これは序章だよ、という感じのメインタイトルが、かっこつけていて、うれしい。
 この作品で、ことに、ユニークになったのは、スコアだろうと思う。この、スコア史上最強と思える、重低音の聞き具合! これは、爆音映画祭常連必至かと思われるサウンド。つまり、ある意味、立ってしまっていて、見ようによっては、ちょっと邪魔とも思えるのだが、数ある「どれが現実で、どれが妄想かわからなくなる」系サスペンスの中で、特徴づけられるきっかけのひとつとしてスコアはあるだろう。
 ロザリオ・ドーソンの役どころは、ちょっとジャッキー・ブラウンを思わせる。物語の語り口も似ていると思う。とすると、見ている観客のリアルタイムは序盤だが、劇中物語は、序盤では決してなかったのだ、ということで、むしろ、まるでドラマ・シリーズの最終回を見ている思いがしてくる。サスペンスやミステリーは全てにおいて、そうなのだろうけれども。
 ところで、ボイルの作品は、いずれも、現実とは異なる、心の中の世界と融合する作品が多く、ヤクとかランナーズ・ハイとかではなく、今回は催眠ときたか。この部分も、ようやく、ある意味正統な、ここへ来たか、という感じである。

パンフレット。FOXサーチライト・マガジン、とあり、そのVOL1。である。
ダニー・ボイルのインタビューは、彼の映画哲学がしっかり読める。フィルモグラフィーも詳しい。主役3人のインタビューのあと、うなったのはこの映画の重要な部分、「絵画」についての解説。スペイン美術史家の大高保二郎氏の記名原稿も。宇野維正氏によるサントラ解説、スタッフ・インタビュー、映画論は、映像ディレクターの関和亮氏、映画評論家の大場正明氏、そして、「FOXサーチライト」の方向性などを10ページ。編集は角川メディアハウス映画メディア部。

|

« ケシシュドラマの転がし方の快楽を考える『クスクス粒の秘密』 | トップページ | アート映画のフォーマットでバイオレンスを語る『父の秘密』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/58465560

この記事へのトラックバック一覧です: ボイル映画が描く素材としては正統派と思う『トランス』:

« ケシシュドラマの転がし方の快楽を考える『クスクス粒の秘密』 | トップページ | アート映画のフォーマットでバイオレンスを語る『父の秘密』 »