« 子供を産ま(産め)なかった女性「たち」の物語『四十九日のレシピ』 | トップページ | 淡々と記録した、映写についての貴重な資料映画『旅する映写機』 »

2013年11月24日 (日)

過去の80年代青春映画のテイストを修正しつつ懐かしみつつという感じ。 『ウォールフラワー』

『ウォールフラワー』於・TOHOシネマズ シャンテ

テレビシリーズでみせるべき物語を、超特急の時間数でみせた感じ。というのは、主人公のモノローグで、シーンとシーンの間に起こっていたことを説明して過ごしてしまう箇所が多く、そこが結構、面白そうな場面をもっていそうなのだ。そういったシーンも、しっかり書き込んで、3時間ぐらいの映画にしてしまえば、ラストのカタルシスも、より一層で、アカデミーにノミネートされても、納得の風格を持ちえると思うのだが、多分、そもそもがそういう出発点ではないのかな。
 監督・作者のスティーヴン・チョボスキーは70年生まれなので、80年代中ごろあたりからが、最も多感な時か。音楽スーパーバイザーのアレクサンドラ・パトサバスは68年生まれで、2年の違いがある。ザ・スミスとかデヴィッド・ボウイ、そしてデキシーズ・ミッドナイト・ランナーズなど、『500日のサマー』といい、゜このあたりが好きな若者たちの物語、なら、見たいと思ってくれるだろうなんて思うかな”なんて思ってしまう。いずれも、後の時代になっても、支持されている楽曲・アーティストと思われるから。
 マイケル・ブルックのスコアと思しきアンビエントなスコアの箇所も、思ったよりも、かなり鳴っていたと思う。映画によっては、音楽なしSE、環境音のみにしてしまいそうな箇所にも、スコアを流していることで、ドラマやミュージカル側の仕事わしてきた人の表現方法、と解釈。
 日本が宣伝のために、持ち出してきているスクールカーストの感覚は、この映画にはない。人みな欠点という愛すべきポイントがある、という描き方である。前知識なしで見て、想像以上だったのが、文学、音楽をはじめとする固有名詞の重要さ。先生が主人公に課題図書として渡す書物には、それそのものがメッセージを表すものだし、かかる楽曲も、いずれもが、重要な意味を持ちそう。
 80年代の青春劇の面白さは、パソコンが生活の中心を占める直前の時代だからだろうかな、とは、今回も痛感。

 パンフ。
 コラムは音楽面について映画批評家の小林真里氏。スター論を映画評論家の杉谷伸子氏。文学論がないのが残念だが、引用文学と流れる音楽について、リストアップはされている。インタビューは、監督と、主役。

|

« 子供を産ま(産め)なかった女性「たち」の物語『四十九日のレシピ』 | トップページ | 淡々と記録した、映写についての貴重な資料映画『旅する映写機』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/58634046

この記事へのトラックバック一覧です: 過去の80年代青春映画のテイストを修正しつつ懐かしみつつという感じ。 『ウォールフラワー』:

« 子供を産ま(産め)なかった女性「たち」の物語『四十九日のレシピ』 | トップページ | 淡々と記録した、映写についての貴重な資料映画『旅する映写機』 »