« ポップに歴史雑考をジャームッシュ流に行う方法『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 | トップページ | 原題「LA MIGLIORE OFFERTA」に作品全体の哀しいメッセージを思う『鑑定士と顔のない依頼人』 »

2013年12月31日 (火)

エレファントや桐島との類似ではなく、こういう表現がジャンル化してきているのだと思う。『消えたシモン・ヴェルネール』

『消えたシモン・ヴェルネール』
於・ユーロスペース

 フックとなる小さな事柄でバラバラになっているそれぞれの意識をピン止めする様は『エレファント』に似、誰かがいなくなっていることに気づくもしくは気づかないまったりとした感覚が『明日、君がいない』に似、そして、シモンの存在は、そのまま桐島じゃないか、ということで『桐島、部活やめるってよ』に重なる、とは決して偶然ではないとは思うのだが、つまりは、この、ある短い時間の複雑に絡みあった時間を立体的に描きたい、という「描ける物語」の展開の欲求というものがあるんじゃないだろうか、と思うのである。
すでに行われていることかもしれないが、上記した作品は、いずれも、大きな舞台で同時進行的に演じられ、観客はそれらのドラマを俯瞰して鑑賞する、そういった構成がとれれば、理想なのかもしれない。
 さて、このドラマは、この手法で、先にあげた三つの作品のいずれもが、この手法は、これを目的として編み出したと容易に推察されるところの「ミステリー」としての使用をストレートに初めて行っている。前記三作は、ミステリアスなストーリーをたどってはいても、明確に解明されたい謎がはっきりしていない。今回の映画は「シモンの失踪の真相を知りたい」というはっきりとした動機がある。
 ただし、それをきっかけに、描こうとするのはミステリーではなく、登場う人物である学生たちの、他人への残酷なまでの無関心であり、それは自分にさえも無関心の姿、といえるかもしれない。思ったのは、このぐらい、濃密な学生像を描いた後に『13日の金曜日』のような惨劇が最後に待ち構えても、それはひとつの存在すべき作品になると思うのだが、そうは展開しないのは、そのようなインパクトは、作者が描こうとするもののピントをぼやけさせてしまう危険性があるからだろうとも思う。もちろん、このドラマの最後に惨劇をねっちり描いて「ティーン・ホラー版『マグノリア』」のような3時間弱ぐらいの作品にすれば、それはそれで、強烈な傑作になりそうな気もするが。
 そして、この映画の特色は、爆音かつ甘美なソニック・ユースのロックに重要な味付けを施させていることで、ここが、ほかの作品と印象を分離させる大きなポイントになっている。

 チケット購入の際、簡易プレス的なリーフレットをもらった。監督のインタビューなど、ちゃんと鑑賞の手引きになるもので、こういった配布は、パンフ発売なしの作品にはありがたい。 

|

« ポップに歴史雑考をジャームッシュ流に行う方法『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 | トップページ | 原題「LA MIGLIORE OFFERTA」に作品全体の哀しいメッセージを思う『鑑定士と顔のない依頼人』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/58850764

この記事へのトラックバック一覧です: エレファントや桐島との類似ではなく、こういう表現がジャンル化してきているのだと思う。『消えたシモン・ヴェルネール』:

« ポップに歴史雑考をジャームッシュ流に行う方法『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 | トップページ | 原題「LA MIGLIORE OFFERTA」に作品全体の哀しいメッセージを思う『鑑定士と顔のない依頼人』 »