« 色と音の洪水。そして、幼い子供が鍵となる最酷なバイオレンス『オンリー・ゴッド』 | トップページ | 「天才監督が映画つくりに飽きたあとに手がけた作品」というパズルとして考える『ROOM237』 »

2014年1月26日 (日)

事務系サスペンスの傑作!『神奈川芸術大学映像学科研究室』

『神奈川芸術大学映像学科研究室』於・新宿武蔵野館

  かつて、これほどまで、「事務仕事」がサスペンスフルに描かれることはあっただろうか、そして、それは決してデフォルメされたものではない。
  日常の出来事の延長線上でサスペンスは作りえるか、に挑戦している。ブラック・コメディと自称していてはいても、決してブラックでもコメディでもなく、限りなく、現実のリアクションに近いところで物語は進められる。大それたことを考えているか、隅にはあるか、無意識にはあっても意識してはいないかわからないが、つまりは社会全体がこうだ、の縮図のような、まるでひとつの物事が起きて、収束するまでの概略図のようである。
  ポイントは、一見、我慢ならないがゆえに行動する「若い職員」ふたりも、自身がきっかけかもしれない部分で物語が進んでいるところがあり、それゆえの後ろめたさをずっと引きずっているところである(そして、それは最後まで、当人以外に明かされることがない)。
  ひとの「正義」は、自分が犯してしまったかもしれない「罪」を上塗りしたいがための動機から始まるのかもしれない。もちろん、「罪」への思考を薦めるものではないにしても。ラストの「上塗り」は、その喩えでもあることよなあ。

  そして、安藤さんの仕事に真面目な理由はわからずに終わるが、これもささやかなる日々の上塗りなのか・・・

  パンフレット。主演3人のインタビュー。キャスト紹介は、かなり詳細。そして、プロの役者たちでしっかり固められた作品であることを確認。監督ロング・インタビュー。寄稿は大森一樹監督と、"映画文筆業"の那須千里氏。

|

« 色と音の洪水。そして、幼い子供が鍵となる最酷なバイオレンス『オンリー・ゴッド』 | トップページ | 「天才監督が映画つくりに飽きたあとに手がけた作品」というパズルとして考える『ROOM237』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/59010352

この記事へのトラックバック一覧です: 事務系サスペンスの傑作!『神奈川芸術大学映像学科研究室』:

« 色と音の洪水。そして、幼い子供が鍵となる最酷なバイオレンス『オンリー・ゴッド』 | トップページ | 「天才監督が映画つくりに飽きたあとに手がけた作品」というパズルとして考える『ROOM237』 »