« アクション映画ではないがアクションの映画『アフリカの光』 | トップページ | これを機にもっと米インディーズ・シリアス・ドラマを!と思う 『ザ・イースト』 »

2014年2月11日 (火)

なぜか恋愛映画だとは全然感じない(悪い意味ではない)。そして、坂と階段についても。『ニシノユキヒコの恋と冒険』

『ニシノユキヒコの恋と冒険』於・新宿バルト9

 途中で、この物語の語り口のスタイルがはっきり提示され、そこからは、かなり楽に見ることができる。すなわち、阿川佐和子にとっての、理想の、遊び相手としての男性である。所詮、女性たちのファンタジーの中の詳細であるので、その「生活感の不在具合」をたっぷり楽しむこととする。
 そういいながら、ニシノユキヒコよりも、対する女性たちの一喜一憂をだらだらと切り取らない間合いを楽しむ。ストーリーを語ることを重視するドラマでは、切り取られまくる瞬間が残るのが、井口映画ならではの時間の使い方だろう。女優のダラダラ空間を楽しめた(特に成海璃子)。

 ところで、パンフ中インタビューでは、今回はない、と監督はおっしゃる「ふたまたの道で坂」は、みなみを式場に誘う途中で、それらしきロケーションは登場する。他にも、2シーンほどあったかと。ふたまたの道で坂、というより、鉄道で言えばスイッチバックを、切り替え場所から望んだような画面。画面の左に上り坂、右に下り坂、という状態(『人のセックスを笑うな』の初めのシーンがまさにこれにどハマリのロケーション)。坂でなくても、左に上り、右に下りの階段の踊り場を収めるカットも数箇所ある。決断の暗喩かな、と。決断の暗喩といえば、玄関のシーンも多い。
 同じような井口ダラダラリズムを、『人のセックスを笑うな』の一見生活感の濃厚さ、から、ファンタジーへの応用は新しい。というか、これがファンタジーとなるのが現代か、とも。
 パンフレットは、インタビュー中心に、細やか。多分、普段見慣れているテンポとは違う作品であることを納得させるためか、の発言が多い。キャスト、監督のインタビュー。プロダクション・ノート。音楽は、七尾旅人の主題歌について多くが割かれている。ラストはスタッフ中女性のみ5人のトークを収録。男性の声は、パンフ中、竹野内のみ。コラムは作家・藤野千夜のみ。

|

« アクション映画ではないがアクションの映画『アフリカの光』 | トップページ | これを機にもっと米インディーズ・シリアス・ドラマを!と思う 『ザ・イースト』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/59114814

この記事へのトラックバック一覧です: なぜか恋愛映画だとは全然感じない(悪い意味ではない)。そして、坂と階段についても。『ニシノユキヒコの恋と冒険』:

« アクション映画ではないがアクションの映画『アフリカの光』 | トップページ | これを機にもっと米インディーズ・シリアス・ドラマを!と思う 『ザ・イースト』 »