« 大切な作品を邦画界に新しく残したと思います。『5つ数えれば君の夢』 | トップページ | 『あなたを抱きしめる日まで』のデスプラのサントラは、まるでファンタジー »

2014年3月22日 (土)

細部に渡って、観客に刺激を与え続ける『坂本君は見た目だけが真面目』

『坂本君は見た目だけが真面目』3月16日 オーディトリウム渋谷

『坂本君は見た目だけが真面目』は、多くの点において、映画の定型に疑問を投げかけつつ、定型に敬意を払ってもいる、優等生的反逆児とでもいいたい映画だという印象がある。
この物語は、結局は「先生が生徒を指導するつもりが、実は問題があるのは自分のほうであると気づかされる」、ある意味定型の学園ものではあるのだが、この「問題生徒」の問題性が、今までと異なる。
「問題生徒が存在するのに、それを放置していた、今までの状況」は本来、ネガティヴに捉えられる設定だが、この映画でのそれは、「これは問題なのか否か」こそが問題になってくる。
 クラスメイトの「問題児」に対する認識も、決して不良ではない彼に対しての、ある種の理解の態度の表れ。これは、新しいというよりも、こういったパターンは描かれてこなかった、そこにあると思う。
 社会問題において、「問題となる数パーセントにも満たない確立で存在している極端な悪例が、そればかり頻繁に報道されるがために、あたかもその状況が主流に近い判例であるかのように錯覚する」というのは、パターンというより、ほとんどの事象について発生していると思う。特にドラマ、フィクションの人間ドラマで見たいのは「過去には、まだ語られていないパターン」をとりあげることだ。
 坂本君の、授業欠席についての母親の態度も、「あまり語られていないパターン」に属するもの。つまり、教師側は、ステレオタイプの行動で始めるが、たちまち、それでは立ち行かなくなり、根本を考え直さなくてはいけないところまで追い詰められる。
 この映画で描かれた範囲では、この教師は、まだ答えを見つけていない。本当に教職を去るのかどうかもわからない。今までの定型で行けば、主人公が信念をあきらめるのはご法度のようにも思えるが、それまでも、定型以外を進んできている物語だから、「普通だったら、こう描かれる」は参考にならない。
 定型を嫌ったエンディングは、重要人物不在の、一見大団円のクライマックスもそうである。クライマックスで披露される事柄もそうである。まるで、この脚本が「はじめ、紋きりプロットを一旦用意して、それを細部ごとにひっくり返して行った」かのような展開なのである。
 そして、そのクライマックスは、それまでの巧妙に作られた脚本から、一旦自由になる。それは、現場をつくった仲間たちの大切な時間を生で記録するショットもちょっと入れておく、という「打ち上げ」感である。
 この「定型ドラマ」を、ことごとく細かく崩して行く感じ、そしてそれは、結果、決してスラップスティックではないスタイルでコミカルになるもの、そして、その、少しずつの連続した「違和感」は、見る側の意識の中で、都度都度、チクっと感覚のツボを刺激するような快感を呼び起こすのだ。この持続が、結果「面白い」ということになるのだろう。

|

« 大切な作品を邦画界に新しく残したと思います。『5つ数えれば君の夢』 | トップページ | 『あなたを抱きしめる日まで』のデスプラのサントラは、まるでファンタジー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/59337998

この記事へのトラックバック一覧です: 細部に渡って、観客に刺激を与え続ける『坂本君は見た目だけが真面目』:

« 大切な作品を邦画界に新しく残したと思います。『5つ数えれば君の夢』 | トップページ | 『あなたを抱きしめる日まで』のデスプラのサントラは、まるでファンタジー »