2009年9月 4日 (金)

懐かしのグローバルループ

こういうのを、まさしく「いまごろ」というのですが、ふと知って、なおかつ、アマゾンに在庫があったため注文し、読んでいる。『愛知万博「愛」日記』竹井夙という女性によるもの。ブログを改筆し、書物にしたものである。あれから、4年たち、しかも、この書籍も、刊行されてから3年経つ。しかし、確かに、名古屋では、あの夢の余韻はまだ続いている。ここまで続いていれば、ぼ半世紀、代が変わるまで、ひょっとしたら、代が変わっても、受け継がれそうな勢いです。さて、この本の内容は、まさしく純粋な愛知万博批評で、万博批評というよりは、万博運営批評といった方がいいかもしれません。観客の、主に愛あるクレームすれすれの感情がこと細かに書かれてあり、これが、なかなか「感じてはいつつも、ここまで詳細に心の推移を書き残したものは珍しい」という書物。愛知万博に20回以上通っていて、パビリオン名を書かれただけで、展示などが鮮明に反芻される人間(私)などは、100%うなずきつつ一気に読み進めたり、時には、わざと読むペースを落として、行間を読む(自分で勝手に、文中では省略されている展示の詳細を思い出して、観覧している雰囲気に浸る)ことをしつつ、進めるのだが、こんな読み方をした本は、おそらく初めてだ。ひょっとしたら、小説の愛読書を再読する時などは、こんな感じなのだろうが、残念ながら、何度も読む愛読書というのが、自分にはない。というか、何年かに一度読むことはあっても、表の意識では忘れているもので、普通に読み進めてしまうのである。そういえば、まだ、少し復活したらしいグローバルループは、まだ歩きに行っていない。それは太陽の塔のように半永久にあるものだろうか。それにしても、これも最近読み始めた、プロの書き手ではない方が書いている(達 靖志という方)『30年後も永久永遠の時刻表2万キロ』にしても、そこには、なかなか書けない、書かない、切り口であったり、考え方があったりする。編集者の方の意向もあるのかもしれない。なんだか、このあたりを読むと、考えさせられるものがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

お役所仕事

『愛・地球博 公式記録映像』DVDが届いた。すばらしい。何がすばらしいっかって、徹底して客観的な作り。かの映画『日本万国博』と一見おなじですが、あのさりげなくないサイケな演出の映像とは違い、まさしく、正統派公式ガイドブックのDVD版を作った感じ。なので、ショールームや教育映像を見るよう。でも、この手の映像は、媚びた演出はない方がいい。しかも、今回は、協会が経費だけをいただいて「頒布」するものだから、余計です。残念なのは、仕方ありませんが、パビリオン紹介に取られる時間がそれほど多くないことですが、全体の雰囲気は、演出することなく捉えられていると思います。そして、重要なのが、ナレーションですが、NHKアナウンサーの森田美由紀。最近でも傑作テレビ「同時3点ドキュメント」のナレーションを担当して、番組をさらに洗練させていますが、この、上品で澄んでいて落ち着けて、それでいてドライな森田ヴォイスが、映像見ずにBGMとしてだけ聴いていてもいい感じです。しかし、最近、自分自身「演出を感じさせない自然さ」を何かにつけて求めている気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

万博跡

水曜日に、愛知万博跡地にでかけた。やはり「堪能」と思っていたので、行きを藤が丘からリニモ、帰りを八草から愛知環状で、というルートだけ考えていた。藤が丘で、リニモ切符売り場として大きく設けられていたスペースは、マンション?がもう建設中で、スペースはない。リニモ自体は変わりなく健在で、家族連れも乗客に多く、おそらく「モリコロパーク」へ行かれる方々だろう、とこのあたりの活況も、そのまま(当時と数は違うけれども)、とほほえましい。さて「愛・地球博記念公園」駅に着く。駅の構内自体は、全く変わらない。ただし、出口が、すでに違う。まっすぐに進んでいって、パノラマが開ける、といった感じだったのに、そうではなく、上品に、右横から階段で降りる。さて、「モリコロ・パーク」は、まだまだ整備中で、いきなり開けたのは、少し整備されて緑も植わった玄関口っぽい部分をすぎると、ひたすら更地。ブルドーザーたちが頑張っているのが、視界に見えた。つづきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

今日は、久々に愛知万博の話題

過去の万博について、検証することが出来ないため、過去はどうだったのか、というのを言えないんですが、(もう全て、過去なんですけれど)「愛知万博」後は、にぎわっている。その理由をちょっと考えようと思ったのですが、なんといっても、モリ・コロという強力なキャラクターを一生懸命定着させたことでしょう。彼らが再登場するだけ(失礼)でも、万博後イベントは盛り上がるし、それらしい公式な香りは漂います。そして、何より、運営側に一般の方が大挙して参加する方式をとったことでしょう。彼らは、地元の人なので、その後も語り継ぐことができるのだ。この「伝承者のいる万博」というのは、日本ではおそらく初めてだろう。資料たよりになってしまうため、あのEXPO70でさえも、そして沖縄も、つくばも、花博も、かなりの勢いで、記憶は風化していっている。伝承者が地元にいなかったから(いらっしゃるとしても、少数)がいないのが原因でしょう。そもそも、運営に参加していないと、愛着もなかなか沸かないだろうし。ということでいえば、あのEXPO70よりも、より心に残る度合いの高い万博だったといえるのでしょう。・・・それにしても、つくば博と、花博のあとの資料のなんとこの世に少ないことよ。探すぞー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

あれから一年

あれから、一年。そう、愛知万博です。うーん、愛知県民だったら、飛んで行ったのですが、長久手会場は、もう限りなく更地に近い状態、と聞いていたが、そういえば、瀬戸会場はどうなっているのかの話題はほとんどなかった感じです。その元・瀬戸会場でイベントがあった模様。モリコロ様は、閉会後も、ぜんぜん森にゆっくり帰る暇もなく、いろんなイベントで出没していたようですが、今回は、元アテンダントさんもゲストで登場したらしい。・・・・そういえば、EXPO70の時は、あのときは、売りのひとつがスタンプだった気が当時の子供心にあって、何かにつけて、「想い出のEXPO70展」みたいな催しが百貨店などであっては、スタンプ復刻を探していたのを記憶している。(そして、絶対、そういうコーナーがあった)。今は、万国博記念館(ホール?)に、ちゃんと記念スタンプ・コーナーがズラーーーっとあるので、思う存分押し捲ることができるが、愛知万博・想い出展みたいなもの(一度も、そういう会場には結局、足を運ぶ機会がなかったので)ではスタンプ復刻はあったのだろうか?でも今回は、スタンプよりも、やはりモリコロですよね。・・・・かの万博BOXの「エキスポランド編」を先日、鑑賞したのですが、もちろん、遊園地ということもあり、子供の姿がいっぱい映っている。この子達は、今、40歳は越えているオッサン、オバちゃんになっているんだよな・・・・と思うと、なんか不思議な心持でした。今も、エキスポランドは開園していますが、まだ、現在のエキスポランドは、入園していないんですよね(当時も、入園しつつも「ガラスの城」と「ペプシ館」しか見なかったと思う)。ちょうど、さらばエキスポタワーの時の頃から、エキスポタワーへの道(エキスポランドが左手にある坂道)をよく歩くが、70年代の映画音楽などがBGMで流れていて、意図してなのか、何なのか「遊園地にしては、黄昏すぎてやいないか?」と思ったものです。今度は、入園して、ぶらぶらしてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月26日 (月)

2005.9.25

やはり、この日のことは記しておかないと。実は、世間的には、さほど「愛知万博」の閉会日であることは話題にならないと思っていた。が、ニュース始め、かなり、そうではなかった。自分の周りだと、会う人会う人、「あれ、愛知に行かなくていいの?」などと声をかけられた。・・・思えば、大阪万博に3回しか行っていない鬱憤が、その後過去数回の万博では、諸事情で晴らせず、最も、「諸事情なんて何もない」今回に、爆発したといっていいでしょう。思ったのは、結局、パビリオンのデザインや、展示物のどうこう、とかそういうものではなく、「万博」という場の雰囲気が、引き寄せたのだと思う。ディズニーランドよりは文化臭が漂い(つまり、アトラクションのみではない、ということ)、野郎ひとりでも訪ねられる(と思っていたが、そんなに野郎ひとりで訪れていた人間はほとんど見かけなかった・・・・)安心感があったこと。だろうか、・・・あとは、自分が万博となって、いろんなものを放出するしかないのかな、・・・なんて、意味わからないこといいます。その昔、「特ダネ登場」(司会 押阪忍氏)の"珍名さん"のコーナーで「万博」(よろず・ひろし)さん、を紹介していたような記憶があるが、そういう意味ではありませんので。BGMは、林有三とサロン68『或るヴァカンス』、いいっすねぇ、林有三サウンド。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月22日 (木)

ラスト愛知万博

なんと、一週間、書かず!! 激忙中の激忙+、つまり仕事以外なにもしていない状態だったため、話題も特になく・・・そしてラスト愛知万博突入!! ナチュリンをどうしても激写したく、ついに、デジカメ購入!! 新幹線の中で説明書読むという、行き当たりばったりな状況ながら、無事、ひと仕事おえて、フェンス外へ帰っていくモリゾーとキッコロという、レアなショットも、ナチュリン7点セットとともにゲット。それにしても、2日で350枚(何度も、消去しているので、実際は500回ぐらいシャッターを押している)とは、我ながら、すごすぎる。それというのも、本当に、愛着のある風景ばかりなのである。そして、いままで写真を撮っていなかったから、そのことはわからなかったのですが、「子供」や「老人」って、写真の中で、絵になるんですよね! 自分では、気に入った一枚は、ドイツ館のクールな看板の前のクールなベンチに腰掛ける老夫婦。「写真を撮ることに気が行って、全体を楽しめなくなる」のが撮影者の陥るところでは、と思い、カメラ否定派だったのだが、撮影という行為はテキパキと済ませれば、シャッターチャンスだけに気をとられることはない。だが。ついつい、「絵」を探している自分に気づく。晴天、チョー晴天の青空の下のほうに、少しだけ、展覧車が、というショットも、実昭寺意識したショットで、自分ではよかった。「晴天具合がいい」なんて、思ってしまう。いやあ、ありがとう愛知万博。さようなら愛知万博。ところで、ついに「ぺとぺとさん」サントラ出ましたね、なんかいろんな曲入ってますね、。さあ、これから、映画いっぱい見ないと、・・・って、もうすぐ次はモリコーネ来日パート2だ!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月15日 (木)

いよいよ

あと、来週で、自分的にもラストとなる「愛知万博」。13,14と、13は、ラオスとペルーのビール飲みました。インドネシアでミーゴレン、バングラデシュでカレー、食べました。14は、またまたシンガポールとリトアニアとスリランカでビール飲みました。シンガポールでチキンライス、スリランカのまたまたカレー、食べました。ヨーロッパは、もう、どこもチョー並びで、ビールひとつ飲むのにも、体力がいる。「ビールだけ買わしてくれんのかい、ショーバイへたやなぁ」と、うらめしそうに、どこかのおっちゃんもボヤイてました。私ではないですよ。私はクールですから。さて、いろいろ書いたところで、自分の記憶を残すためだけのものになりつつある、この話。おすすめパビリオンとか、今さら書いても意味ないですからね。14日は、熱中症と、ウルトラ豪雨(まさに、スコール)の両方を楽しめた日でもありました。13日は、夕焼けがきれいで、はじめて「会場全体の景色を楽しむ」という傾向が、入場者の多くのみなさんにあり、感動されているのを見ることが出来ました。しっかし、もう、ラスト入館を噛みしめよう、と思っていたのに、そんなどころじゃないぐらいダダ並び状態でしたな。アフリカ共同館で「オレはどうして、今、ここにいるんだろう」風な目線をやりつつボーッと番をしている現地のにいちゃん&おねえちゃん&おっちゃん、おばちゃんの姿がほほえましく、かなり時間を使って、ゆっくり見ました。ウーン、このムードも、来週で終わりですね。というか、来週、入場できるのだろうか、あんな混雑で・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 1日 (木)

ということで

ついにあと一ヶ月をきり、また愛知万博。もう、ほとんど「通っている」状態。おそらく、ほぼ確実に、自分の生涯中、ラストの万博でしょうから、心に焼き付けないと。今回も、ウクライナ館の棚の上の後ろの方に無造作にあって(値段もついてなくて)なTシャツ(店番のお姉さんが「ニセンエン」といって、初めて値段がわかった)や、グッズらしいグッズがない、中米館のナチュリンのバッジ2種や(ナチュリン5パターン、ポストカードにでもしてくれないかしらん)、先週はなかったような気がするアフリカ共同館のレストランの「ラムと野菜のクスクス」(好きなんですよね・・・クスクスとかナシゴレンとか)とか、またまたラインナップがかわっていたリトアニア・ポップのガール・ダンス・ポップもの2枚とか、いろいろ物欲は満たしつつ。この万博というものの楽しさのひとつには、「一瞬のうちに、いろんな国のものに触れられること」だ、というのはひとつあるな、と感じました。日ごろから、その国の話題が出ることは少ない国、例えば、リトアニア、クロアチア、ブルキナファソ、グルジア、キルギス、ホンジュラス・・・そういった国の展示を見るときほど、鳥肌が立ったものです。しかも、これらの国について、一日でいろいろ見れるわけですから(決して、一部さえ知った気でいるわけではありません。自分でも、こんなもの、0.01%知った事にもならないことは重々承知ですが)。さて、次は、いよいよラスト・ウィークに来名です。もうそろそろ、会場内、人人人で動けない感じになってきました。そういえば、今日は、森山良子さんのコンサートが広場で、ということで、あんな状況見たことないぐらい、広場から広場もはみ出て、人人人人人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月26日 (金)

リトアニアのガール・グループ

最近、あれやこれやで3日に一回ぐらいしか書いていない。今回は、もう、1か月を切った愛知万博にまたまた来襲していたからです。もう、パビリオンの前に立てば、中の展示がどういうものだったかイメージできるぐらいになってしまい、変化していない展示物に関しては、「確認」みたいになってしまうが、やはり、ほとんどのパビリオンでマイナーチェンジがある。そして、今回は、企業パビリオンも何館か再入館しましたが、面白いスーベニールが多分、増えていました。へんなところばかり、チェックしようとしてしまうこちらもこちらですが「MADE IN NEPAL」とちゃんと書かれてあるTシャツ。リトアニアのCDが飾ってあった中で、(普通は、当地の民俗音楽みたいなCDを買うんでしょうが、こっちはそうじゃなくて、当地のポップスが聴きたい)リトアニアではスポーティなスパイス・ガールズ!?みたいな「MOKINUKES」という女の子6人組のCDを購入。それっぽいのは、それだけだった。あとは、民俗音楽っぽいのや、正統派っぽい男性シンガーのようだった。そういえば、すっかり馴染みの店?になってしまったスリランカ・カレーのレストランで、インドディスコ風「ブラジル」、という不思議なナンバーが流れていた。スリランカ・カレーの店なのに、BGMで「ブラジーーール」と歌われているので、どうもおかしい。キューバでは、レゲトン「ガッソリーナ」が流れていた。これも、そうかもしれないがウーン・・・でも、ネパール館で、伝統音楽じゃなくて、普通のネパール・ポップスみたいな男性シンガーの曲が流れていたり、その辺はほほえましいのだが、なかなかそのテのCDは売り物にはなっていない。それにしても、何だか、楽しみ方が、どんどん、隅の隅の方になってきましたな・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)