2012年7月15日 (日)

『ヨルムンガンド』サントラ聴後感より脱線して

『ヨルムンガンド』サントラ聴後感。岩崎スコアには特にいつも感じてしまうことを書きたい。今回も、「予想を裏切る」という意味で予想を裏切らない、というか、もう、「岩崎スコア新作」なるものには、ある一定の線のハードルがあって、そこは越えて当然、という不思議なルールめいた雰囲気ができあがっている(と思う)。通常のスコアの場合、よく聴くのが、依頼される時の「あの(具体的作品名)の感じでお願いします」的雰囲気。スコア・コンポーザーは職人だから、ひょっとしたら、依頼する側としては、出来上がってくる作品は、満足度が予想以上になることは、おそらく期待していない。表向きは、そんなことは言わないが、そんなことよりも、いろんな事情は別にあると思うし。さて、諸々で、『ヨルムンガンド』のように、予想をはるかにではなく、少し超える作品を聴く。その際に思うのは、アニメから入る人は、ここからさまざまな音楽ジャンルを初体験することになるだろうが、そこからは、各ジャンルのオリジナルの音楽への旅となる。他のスコアへの旅ではない。なぜならば、旅するほど、行先地はほかにないからだ。
以前、『青の祓魔師』の澤野弘之スコアを岩崎スコアへの類似を書いたのですが、それは、スコアらしい音からの脱却とスコアらしい音そのものを合わせるというか、あらたな冒険をしようという姿勢を明確に感じたから、とでもいいましょうか。同じ論が当てはまるアニメ・スコアだと菅野よう子サウンドがもちろんあるが、こちらが他と区別して考えてしまうのは、「菅野よう子スコア」という、また別ジャンル的なものが確立されてしまっているからか。うまく喩えられないが、他の作曲家の世界から菅野スコアにたどり着くことも、菅野スコアから他のスコアに旅することもない。最近は、菅野スコアの引用ジャンルのオリジナルへの旅ですらないんじゃないか、と思えるぐらい、菅野スコア自体が充実しきってきている、ということもある。
岩崎スコアは突っ走っている。さて、そこで、スコア(劇伴)という、他のジャンルにはない味わいのある不思議なスタイルの音楽について、聴く側が世界を広げていくために、さに参考となるスコアが、できれば岩崎スコア以外から提示していきたい。ここが難しい。ここが上手くいかないと、岩崎ファンにはなるが、スコア・ファンにはならない。岩崎スコアを僕は、もちろん、アニメ・スコア・ファンのみではなく、(これは、すべてのスコアについて言える事ですが)アニメ・スコアにはあまり触れない、例えばハリウッド映画のスコアのファンなどにも、積極的に薦める。それは、アニメ・スコア・ファンを増やす意味合いもあるし、すでに映画スコアには長けているリスナー諸氏から、アニメ・スコアに対する、映画スコア・ファンならではの助言や参考作品の提示などが出てくるのではないか、という他力本願的な部分もある。いずれにせよ、自分が考えていることが、自分でできる範囲は限られている。自分の考えを理解してもらって、共感者にも手助けをしてもらうに限る。
岩崎スコアは、孤高だと思う。が、孤高ではいけない、と薦める側は痛切に思う。
ところで、岩崎さんには、いつか、日常系もしくはラヴ・ストーリー的な作品を、と期待している。明らかに、さまざまな世界が変化する、と思う。その意味では、現在、岩崎スコアにはあるイメージが定着している。ジェリー・ゴールドスミスも『いつか見た青い空』や『海流のなかの島々』のような人間ドラマで名作を残しているし、ハンス・ジマーだってデビュー作の『ワールド・アパート』や『心の旅』『グリーンカード』など、人間ドラマでの傑作は限りない。そして、彼らのそんな作品は、新たなるファンや世界を確立したのは確実だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

言いたくなる名前

SUPERCELL「君の知らない物語」を聴きながら、不思議な思いがしましたのは、もう最近は、「作品」というものにある年齢以下の世代はこだわらないものだと思っていたら、そんなことはどうもなくて、いわゆるプロプロした人間たちが作るものには(全体ではなく一部の話だが)興味を示さず、自分たちの作ったものの中で、「名作」というものが実は生まれている、ということをプロ側の方が知らない、ということなんでしょう。まさに「君の知らない物語」であって、何とも意味深なタイトルであることか。今回のSUPERCELL(これに似た団体?は無数にあるのかもしれない)は、団体だが、バンドでもなく、SUPERCELLの作品が曲だけではなく、商品すべてを含めてのことである、とわかる。もちろん、曲も普通に、いい。普通にいい、というところがおそらくミソだ。飽きない味ということだろうか。SUPERCELLのつながりは、少し前からの、新房昭之監督作のアニメのエンディングで、仲間のイラストレイターやマンガ家に一筆いただく、というスタイルがあるが(最近は、シャフトもののみならず、かなり一般化していると思われるが)、この感じが、そのハシリのように思われる。何につけ、今までの「作品」や「アーティスト」という観念を一度崩してみる軽やかさというすごさを感じさせずにいられない。なんていいながら、先日来のアナログのCD落としでちょっと癒されて、「水曜日の夜」「ディック&ジェーン」「警部マクロード」などなどを久々に聴いている。話戻りますが、そこまで緻密に考えられているのかどうかは不明だが、SUPERCELLのすごいところは、まずは、なんか、この名前のかっこよさ(プラス口にしやすい)で、つい、言いたくなる名前、ということにもあるんじゃないだろうか。映画のタイトルで自分は、以前からその話をしていますが、なんとなく、口にするとかっこいいタイトル、全く字ずらだけですが「ダウン・バイ・ロー」「唇からナイフ」「花とアリス」あたりはそんな感じじゃないか、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

アンチギャグアニメ

買っていながら、聴いていないCDというのは、圧倒多数ですが、今、「さよなら絶望先生・絶望少女撰集」DVDに収録されているサントラ(もろ、サントラ第2集ですが、CD単体としては発売されなかった)を聴いております。新房アニメといえば、過去に「ぱにぽにだっしゅ」での羽岡佳によるイルカの日が思い出されるように、こちらの長谷川智樹のスコアにも、ほとんどワザとモトネタがわかるようにしているナンバーなども多いが、ギャグものには、パロディというのがパターンとなっているのかいないのか。それより、絶望先生は、よくよく考えるとギャグアニメというのとも、違うマジさを持っているように思われる。それが悪いという意味ではなく、この絶望先生に出てくる多くの会話の脱線/エスカレートは、考えてみれば、現実の日常会話でよくあることなのだ。日常会話がひとつのまとまった形になることはまずないのが普通だが、その普通でないことになっているのが、この絶望先生なのであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

もってけセーラーふくのOFF VOCAL

『らき☆すた』については、過去に触れた事があったかなかったか。そのオープニング・テーマの「もってけ! セーラーふく」ですが、この作曲の神前暁氏は、すでにファンの間でかなり轟いているようなのですが、驚くのは、ご本人のストライクゾーンが不明なぐらいの引き出しの多さです。今回は、完全にファンクで、強烈・高速なファンク・ビートにラップ(多分、ラップといっていいと思いますが)を乗せる、この高速度は、本チャンのヒップホップやミクスチャーものでもあまり聴いたことがない。そして、そのラッパーとなる声が、声優の方々ですから、ドスとかは、もちろん効かせない。そう、考えると「ドスは効かせないラップ」というのは、ものすごく新しいんじゃないか、と思った。京アニのアニメにも言えることですが、神前氏の曲というのは、どうも「じゃあ、どうして、こういう曲はないのか」という部分を、結構理詰めで「やったことないこと」をパッチワーク的につなぎ合わせた、かなり屁理屈で成り立っている曲と思えます。ただし、これがつまりは、屁理屈好きな「コアファン」の共感を得るのでしょう。また、アニメ・ファンは、自分たちが最高に楽しむ以上の要求を外部には期待しないところがある。このある意味、そしていい意味で「周囲は全く気にしない自分たちの間だけでの孤高」が凄いのでは。アニメが実は、ものすごいことになっている、ということは、昔から知ってる人は知ってるのでしょうけれど。しかし、「もってけ! セーラーふく」は、確信犯でしょうが、すごい曲です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月31日 (水)

アニメ作曲家の使命

あまりにいいインタビューだったので。シンコーミュージックの声優系のムック『VOICHA』の平野綾が表紙の、あの中に、アニメ・ファンの味方(あのマジメな大学生っぽいルックスがまた人気の秘密なんでしょうね)、作曲家田中公平氏のインタビューが載ってますが、これがさすがな発言連発。芯が通っている。直接引用は避けますが、つまりは子供時代にしっかりとメロディのよさを教えるのがアニメ作曲家の使命だ、と。そして、最近はみんなリズムに走っているが、それは、幼い頃にメロディに出会っていないからだ、ということで『サクラ大戦』という力作になる、ということなのですが、さすが、ブレない男・田中公平です。考えれば、今、少年たちの興味の多くはゲームにあるが、確かに「FF」や「ドラクエ」には、感動的なメロディがある。『ブルードラゴン』の植松さんの音楽も、それは意識して書いているようなメロディがちゃんとある。だが。実写映画たちが少年の興味をなくならせたのは、やはりメロディが失われたからだ。今になって再度言うことでもないが、今の映画で(洋・邦問わず)メロディが思い浮かぶ映画はあるだろうか。そして、原体験がその後の感覚の多くを形成していくわけだから、アニメ作曲家(昔は映画音楽家もそれを担っていたはずですが)は大変な使命を帯びているわけである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月15日 (土)

和風アリア

房総の旅報告中断で(ココログのメンテや、自身のチョー忙しなどで、ちょっと開いてしまいました・・・・)本日は、『ひまわりっ』のサントラを聴きつつ。アニメは一回だけ拝見しつつ、ちょっと乗れなくて、その後パスってしまったのだが、音楽が妹尾武と羽岡佳ダブルネームだったので、気になっていました。そう、『ARIA』の妹尾氏と『ぱにぽに』の羽岡氏です。この両人と河井英里さんは、よく一緒に仕事をされるようで、実は『ぱにぽに』のスキャットも河井さんだったりします。さて、少女忍者の日常、というシチュエーション、まさしく「和風アリア」を期待してました。音は完璧、「和風アリア」ですっ。ヒーリング/感動系をきっちりおさえてます。よかったよかった。こうでなくちゃ。ところで、『ひまわりっ』にも、平野綾様、出演してましたね。『まじぽか』もですよね。さすがですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

ジュノ・リアクター

『ブレイブ・ストーリー』の音楽をジュノ・リアクター、と聴いていたので、バリバリのエレクトロ/トランス/ロック/クラブ・ミュージックで壮大、という感じになるのか、と思ってましたら、なんと、全編生オーケストラ、ということでびっくり。アーティスト側も、ひょっとしたら、「全編生オケでアニメ音楽をやってみませんか」という誘いで請けたのかもしれない。これは、確かに、新しい発想で、うまく言い表せないが、通常のプロの劇伴になれた作曲家の作るメロディとは違う。ポップスやロック(プログレとか)畑からの参戦、というのはあれど、クラブ・ミュージック側の人に生ものを頼むというのは、これは、何か、突破したかもしれない。しかし、劇場用アニメの大作というのは、VCさえ、プロの声優に任せてもらえたら、あとはいうことないんですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

ものすごい情報量

『.hack//Roots』のサントラを聴く。アリ・プロジェクトは片倉三起也単独名義で、以前にも『マリア様が見てる』のスコアを作っていたので、大体の想像はついていたが、それにしても、多彩でした。単なる「これしかできませんから」なのかもしれませんが、まさに、アリ・プロジェクトは「音のコスプレ」で、いかにも、な様式美がまず始めにある。その中心部分は崩さずに、どう広げていくか、ということが、今回のスコアだと、「マリみて」以上に実験されていることが分かる。しかも、その結果として、飽きない音に結果的になっていて・・・・正直、このアニメ自体は、大河企画の中のひとつのため、こういう大河ものはどうしても、苦手なので見てないんですが・・・・シーンを思い出すかどうかじゃなくて、サウンドだけで十分面白い。菅野よう子、梶浦由記両氏もそうですけれど、アニメをメイン・フィールドにしている作曲家たちのアプローチの方法は、なんか作品との関わり方が、実写のそれより、もっと自由な発想を持っているような気がする。そうそう、栗コーダーもそう。というか、現在は、実写よりも、アニメの方が作品の発想自体が、かなり自由奔放なので(それは、世界自体は実写でも可能なストーリーであっても)、それなりの自由さなのかもしれない。またしても、世界はアニメに傾いてきている、という確信を得ただけ? 別に、生身の人間だけで作品を作らないといけない、という縛りはないですからね。『ポセイドン』も、ほとんどアニメみたいなものなわけですし。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月22日 (木)

風光明媚な渓流路線

今、缶ビールのみながら、NHKを無音でBGVにしながら、トロバヨーリ「マジック・モーメンツ」を聴きながら、横でポータブルDVDプレイヤーで高千穂線の前面展望DVD(-R)を見ながら、書いてます。このパシナ倶楽部作のDVD-Rによるリリース「高千穂鉄道の旅」、延岡駅の駅の入り口から入って、ちょっとホームも映してから、展望に入る。さすがです。スタッフ、車窓の旅、知ってます。2000年6月撮影とある。かなり最近だ。以前、ビデオ版は持っていたので、それのDVD版かな、と思っていたので、そうではなく、最近のものだ。(自分は確か2004年に乗ったので、ほぼ同じ雰囲気を味わえた。晴天だったのも同じだ(ものすごい晴天だった、そういえば)。本日は、ほかにふたつ。つまりは、書泉グランデ(すっかりお気に入り)と、秋葉原の夜を楽しんだのですが、まずは、・・・グランデのトートバッグのデザインがもう違う!前はクマだったのに、今回はリス!マンスリーで変わるのか?で、その高千穂DVDを買った訳ですが、料理本もかなり充実していたので、ロシア料理本でもじゃあ探そう、と思ってみましたら、・・・・マイナー??な国の料理本は常備ではなさそう、と知り、これは料理本用書店は、また別に調べないといけないなあ、と思いつつ、・・・・秋葉原、ついに初期光宗作品「アキハバラ電脳組」のサントラを発見!しかも激安。聴くと、さすが光宗サウンド、センチメンタルなストリングス炸裂で、ファンが探すのもうなずける傑作。中でも、光宗作で、岡崎律子が歌うナンバーは泣けました。そして、『涼宮ハルヒの詰合』である。ハルヒ自身が弾いている風にしてある?超絶ギターは西川進、そしてドラムは小田原豊!、平野綾の歌いっぷりも、思い切り普通のロックで、アニソンの域を吹っ飛ばしている。このテの楽曲だけ集めて、女ロッカー・アルバム、作れるんじゃないか、と思う。そしてハルヒものでの神前暁サウンドが初めて盤で聴けた。今のところ、スコア・サントラが出る気配がないが、みんなで騒げば出るよう考えてもらえるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

世界は広がる

岩崎琢プロデュース、と聞いていましたので、あちこち探したのですが、なかなか見つからなかった笠原弘子「aria」ついに、聴くことが出来ました。久々ですね、・・・「歌詞聴く系」の日本人歌手のアルバムを聴くのは。普通の?いわゆるJ-POPなるジャンルはほとんど(まず)聴かないので(街からこぼれ聞こえてくる分で十分)、坂本真綾以来でしょうか? アニメ音楽周辺に接するようになってから、まだ浅いこともあり、このアルバムが出た99年というのは、リアルタイムで、この周辺の音楽を注意してはいなかった。何事も「出会い」ですね。さて、6末の坂本真綾と"ちよちゃん"金田朋子が姉妹役という夢の共演『貧乏姉妹物語』(しかも音楽が「あなた」の小坂明子)て、もろ「日常の中の幸せ/何も起こらない系」作品ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)