2006年7月30日 (日)

世界の一流ビール500

そのマイケル・ジャクソン氏の、今度は「世界の一流ビール500」なる543ページの、ほとんど辞典かカタログか、を入手。これがすでに、3年前に出版されているものだから、今、口に出来るのは不可能な銘柄もきっと多くあるだろう。日本からは、えびす、サッポロ黒ビール、小樽ビールなどが入っている。もちろん、スリランカのライオンも入っている。だめだ、こんな本見ると、(すべてびんとビールを注いだグラスのカラー写真付、というかなり目に毒な書物)飲みつぶし、当然したくなるし、させようとしている本だろう。早速、気になる銘柄を検索・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月26日 (水)

スリランカ・ビール2

全然、サウンドトラックじゃなくなってきてますが、スリランカ・ビールについてパート2.昨日、八重洲ブックセンターで見つけました、こんなもの出てたんですね「世界ビール大全」。著者は、あの、じゃなくて、ビール評論家として有名な方のマイケル・ジャクソン氏。氏もねスリランカ・ビールについては高い評価をつけている。そうなのか、そんなシロモノだったのか。自分が昨年、なぜか、スリランカ・レストランに通い詰めて、ビールを飲んでいたのかがなんとなくわかったぞ、と。で、今日は、ハレハレ(ユカイ)。外に出る予定はなかったが、これは輸入ビール屋というものがあるならそこへ、というあてどもない旅を計画。府中と西馬込に、そのスジの有名な店があるらしい。もっと品揃えのある店は実はあるのかもしれないが。南武線府中本町に降り立つ。駅前じゃなくて、神社内の公園みたいなところを横切ったりして、「なぜ、今、オレはこんなところに」感がまたしても炸裂している。自分でも、こういう行動は、つまりは「初めての場所に行くきっかけ」を探しているだけなんだろうとは思います。でないと、絶対、府中本町には降り立たなかったでしょうから。ししししししかし。いざ、その店を発見しつつも、またしても「定休水曜日」の札が。どうして、いつもこうなんだ、と自分の無力を感じる。・・・夕方になり、昼をとっていなかった(ワザと。こういうところで食べたかったから)ので、京急府中側のけやき並木(喫煙禁止区域のステッカーが貼ってあるベンチで皆さん、タバコをおいしそうに。ギャグか?)の中で見つけた、昭和な感じの大衆食堂的中華やさん。入ったら、天井が高い!そして、広い。テーブルの配置がなんか、近代的ではない。まさしく、昔の「食堂」の感じ。うれしくなって、普通のチャーハンを頼む。普通の味でした。それでいいんです、それで。ここから、まだまだあるのですが、後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

銀河高原ビール

めちゃくちゃ飲んでいるクセに、微妙な味の利きわけとかは、正直苦手な、味覚。ということで、ビールも、そういいつつ、根拠はないのですが、いろいろ飲んでいて、初めて「なんだ、この"ビール"は」と思ったのが、銀河高原ビールを初めて飲んだときだった。いまや、このビールも存続の危機の話も読んだことがあったが、なんと近隣の某東急ストアで発見(そう、意外に普通に売っているのですな、現状)、うれしくなって、ひさびさに。ビールらしからぬサイダーのような爽快感少しの不思議な味。今日は、帰路に、これまた久々に東海道線を使用。東京→横浜間って、東海道、京浜東北、横須賀の3通りの方法がほぼ同じ経路なのにあるという珍しい区間。気分を替えたいときには、よくあえて、地下駅から乗る新橋あたりからの横須賀を使っていましたが、本日は、東海道。時間も偶然あって、すぐ座れたので。なんか、普通に帰るだけなのに、ちょっと旅気分でした。

| | コメント (1) | トラックバック (1)