2009年10月14日 (水)

ザ・スミス

最近の作品で最も見たかった作品のひとつ、『(500日)のサマー』を拝見。そう、こういう映画ですよ、こういう映画。まさに、これこそ「ザ・映画」!ちょっとした話をテクで見せるものの記憶は『トレインスポッティング』からなのですが、これは、さまざまなテクで見せるストーリーを一通り味わって、それが当たり前になって免疫ができている世代への、かなりテクニシャンなラブストーリー。しかも、この作品のいいところは、それがみな、ただ観客を楽しませたい一心から、というのがにじみ出ているし、軽く自虐的なユーモアも、クロウトのあざとさじゃなくて、インディーズ・ロック的なノリだ。面白いのは、この話、年代が全くわからない。80年代のようであるのだが、どうも、近年の話のようでもある。いつでもないが、ロスの話、ということか。しかも、ロスの話らしいのに、どうもイギリス映画っぽい。だいたい、2009年の映画っぽくない。ということで、これは20代のラブストーリーだが、30代以上用の物語ともいえる。これは、精神的に30歳以上、というのももちろん含む。うれしいのは、こういった、オリジナル脚本、スターは出ていない、そしてなにより「感動物語ではない」作品が、日本公開されることだ。外野人間なのだが、この映画がヒットすれば、これから日本で公開される洋画の明日は開けるんじゃないか、と意気込んでしまう。
その後、東銀座へ出て、最近できて、まだ訪ねていなかった「ぐんまちゃん家」へ。そこで「アンテナショップ・スタンプラリー」なるものを手に取り、こういうものが時々催されているのは知っていたが、その地図を見て、山形、と沖縄が近くにあることに気付き、「おいしい山形プラザ」へ。こんなに広い店があるのは知らなかった。しかも、これも聞いてはいたが、の沖縄「銀座わしたショップ」、これがヤバいぐらい広くて、大繁盛している。何しろ、品揃えがものすごい。八重山そばを買う。いや、ここは、何度となく利用しそうだ。交通会館の北海道と並ぶ人気、というのがよくわかりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

ああ、らんじゅ

某スリランカ・カレーの店に入ろうと思ったら、思ったよりも、フォーマルな感じの店だったため、ひるんで入れず、じゃあココナッツ・ミルク濃度ちょっと高いカレーを作るか、といきなり、ココナッツ・ミルクとレモンの買い出しに目的が変更したりする。さて、料理本の話ですが、新宿南口の(高島屋の並びの)紀伊国屋書店が、実は、普通に凄かったことが判明。ロシア料理本でも、簡単に何冊もある。ついつい、メキシコ料理のレシピ、なんてのも立ち読みしてしまう(覚えといて、後日、参考にします。今日は目的はメキシコじゃなくて、ロシアなので)。という感じで満足して、横浜に移動。そこで、なななななんと、衝撃の事実に直面。横浜駅ビルのB1の(相鉄の駅ビル)イレヴン・アベニューが3月いっぱいで閉ゾーンしていた! なかなか、年季の入ったアベニューだったので、改装も近日か、の予感はありましたが、どうも、改装後はおしゃれな店が多く入るようで。ということで、愛用していた、鉄板焼/グリルの「らんじゅ」が、もうなくなっていたのでした。うーん、知っていたら、3月、毎週行ったのに・・・・そういえば、今年は、行ってなかったのか(行ったと思うが。4月からは、ここを歩いていなかったわけだ)。思えば、ついつい、どんな料理にも、あらびき黒コショーをふってしまうクセは、ここの影響だんだけれど・・・時代は変わるのだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)